こどもの矯正について

  • HOME »
  • こどもの矯正について

 

いい歯ならびとは、このような状態を言います。
☆上 下 の まんなか がそろっている。
☆上の歯が、下の歯より少し表にでている。(まえ歯 おく歯も)
☆かんだとき、下のまえ歯が半分より見えている。
☆1本の歯が2本の歯とかんでいる。

 

矯正は、そうち※1を使って歯ならびをきれいにすることです。矯正をやってみたいな または家族から矯正をしてみたらとすすめられたらやってほしいことがあります。「どうして矯正をするのか?」を少しかんがえてみましょう!
たとえば・・・
 ☆もっとかわいく かっこよく なるため
 ☆もてるため
 ☆おかし ごはん をおいしく食べるため
 ☆大好きなアニメキャラのようになるため などです。
じぶんだけ!のこたえ あったかな(^o^)

矯正は、ゆっくりやさしく歯をうごかすので、時間がかかります。
だけど、がんばった後のいい気分 と きれいな歯ならびが手にはいるよ!

 

◎歯医者さんに通います。
◎そうち をお家や(学校)でつかいます。
◎歯みがきをしっかりします。
→すると、きれいな歯ならびになります。

歯医者さんではなにをするの?

1.歯医者さんにはじめていく日

歯ならびをどんなふうにしたいのかお話したり、矯正でなにをするのかをきく日です。

 

2.けんさの日

①レントゲンをとります
②歯型をとります
③カメラで歯の写真と顔の写真をとります

 

3.けんさの結果をきく日

どういう治療をするのか
どんな「そうち」をつかうか
どのくらい矯正の時間がかかるか
おかねがいくらかかるかをききます。

いよいよ「そうち」を作るじゅんびをしたり、「そうち」をつけます。
歯医者さんには1ヶ月か2ヶ月に1回くらい通います。歯医者さんで、
歯が動くように「そうち」をあわせてもらいます。

 

いよいよ「そうち」を作るじゅんびをしたり、「そうち」をつけます。
歯医者さんには1ヶ月か2ヶ月に1回くらい通います。歯医者さんで、
歯が動くように「そうち」をあわせてもらいます。

 

歯ならびとかみあわせがよくなります。
小さいあごを大きくできるよ。大きなあごは、大きくなるのをおさえるよ。
大人よりも骨がやわらかいから、歯もうごきやすいよ。
そして、歯のうごくいたみも少ないことが多いよ。(いたみがないお友達もいます)
こどもの矯正で治療が終わると、大人から矯正をはじめるより、
かんたんなそうち と 少ないお金で矯正できることが多いよ。

こどものときから矯正をはじめると歯をぬかないで歯ならびをきれいにできるのぞみがふえます。

 

1.ガタガタな歯ならびのお友達
2.でっぱのお友達
3.うけぐちのお友達
4.すきっぱのお友達
5.まえばの空いているお友達
6.歯がはえてこないお友達

 

1.あごをひろげるそうち
2.歯をまっすぐにならべるそうち ・ すきっぱをなおすそうち
3.でっぱをなおすそうち
4.うけぐちをなおすそうち

ここにあるそうちのほかにちがうそうちをつかうことがあります!

TEL 0587-22-1010

こちらからお電話ください

  診療日/診療受付時間

月・火・木

AM11:00~PM2:00

PM4:00~PM8:30

金曜日・土曜日

AM9:30~AM12:00

PM2:00~PM7:00

水・日・祝は休診

PAGETOP
Copyright © 矯正歯科いとう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.